飛蚊症治るルテインサプリ!含有量多いのはどれ?

飛蚊症,治る?ルテインサプリとは

飛蚊症の症状に潜んでいるかもしれない病気、網膜裂孔

 

飛蚊症は、視界に浮遊物が浮いている煩わしさを除けば、投薬や手術の必要もありませんし、目が悪くなったりすることもないので放置してしまいがちです。飛蚊症の原因が生理的なものであれば、気に過ぎは逆に悪化させるので、その考え方は間違いではないでしょう。

 

しかし、飛蚊症の原因が目の病気である可能性も拭いきれないので、上のように全く心配はないと言い切れるものではないのですね。

 

網膜に孔が開いてしまう「網膜裂孔(もうまくれっこう)」という病気があります。また、網膜に開いた孔の部分からどんどん網が剥がれていく「網膜剥離(もうまくはくり)」という病気もあります。どちらの病気も、初期の症状が、飛蚊症のように視界に影を落とす症状でとても似ていることが厄介です。

 

生理的飛蚊症との違いは、ある日突然視界に見える浮遊物が増えたりするといった、症状が強くなる自覚症状が起きることです。突然異変が起きるというのは、病気ならではの出来事です。

 

少しでも異変を感じたら病院で検査を受けるようにしましょう。特にこれらの病気は、進行すれば目に大きな障害を残します。激しい視力の低下や、中には失明に至るケースも。飛蚊症の大半は加齢などの生理的原因で起き、内5%が病気が原因であるとされています。

 

とても低い発症率の病気ですが、その分重大なものだというわけです。レーザー治療で網膜に開いた孔の周りを焼いてくっつけたり、手術で孔を塞いでん病気を治します。眼科で検査をしてもらうと、病気なのかそうでないかをすぐに判断してもらえます。

 

生理的飛蚊症は特に心配する必要がないものなので、浮遊物を気にしすぎないようにしたり、目に良いとされる栄養素を摂取する習慣をつけることで症状の緩和や改善が期待できます。どちらにしても、自分の症状について知るためにも、何かあれば専門医にかかるというのが大事ですね。

 

病的飛蚊症について〜網膜の病気〜

 

■病気が原因で起きる飛蚊症
生理的飛蚊症は体の老化などが原因で起きるもので病的なものではないので、眼科を受診して心配する事ではありません。しかし生理的飛蚊症が病気の前兆である場合もあり、また、既に発症している病気が原因で起きている飛蚊症であれば、早急に専門医にかかる必要があります。

 

1、後部硝子体剥離
硝子体の繊維組織が壊れされると、硝子体の外側に水の塊ができます。放置していると、水の塊は徐々に巨大化し、硝子体が圧迫されて縮んでしまい、硝子体が網膜から剥がれてしまいます。こうして「後部硝子体剥離(こうぶしょうしたいはくり)」となるのです。後部硝子体剥離は飛蚊症を引き起こします。

 

硝子が網膜から剥がれる際に網膜の表面から出血することがあるのですが、これによって飛蚊症が起こるのです。後部硝子体剥離は、強い近眼の人がなりやすいと言われています。40代前後になることが多いとされていましたが、昔に比べ環境が変わった現代では20代でも患うことがあるようです。

 

2、網膜裂孔
後部硝子体剥離の際に同時に生じることがあるのが、「網膜裂孔(もうまくれっこう)」です。網膜裂孔とは、硝子体が網膜と剥がれそうな時、強く引っ張られて組織が避けて孔が空いてしまう症状です。網膜から硝子体が剥がれるとき、網膜の表面の毛細血管が傷ついて出血することがあります。

 

出血してしまうと、飛蚊症の激しい症状を引き起こします。最悪の場合、網膜が剥がれることが引き金で失明につながることがあります。

 

■飛蚊症の前兆
飛蚊症は、いつの間にか視界に線や点が浮かんでいてある日ふと気付く、ということが多いと思います。見え方は様々で、色が黒だったり白だったり、半透明だったりします。虫がたくさん飛んでいるように見えたり、糸くずのようなものが浮いていたりします。

 

ふと気づいたら浮かんでいる飛蚊症、もしかしたら、知らず知らずの内に飛蚊症の前兆を感じているかもしれません。原因が網膜裂孔や網膜剥離の場合、前兆が起こらないこともありますが、時に剥離する直前に視界に光が射しているのが見えることがあるのです。

 

また、症状の進行で視界に影ができて、だんだんと視野が狭まっていくようになり、やがて失明してしまいます。視界に影を感じたら専門医にかかり治療する必要があります。

 

■飛蚊症の検査・治療
飛蚊症の症状が酷くなったとき、かかる病院の科目は眼科です。眼科では視力検査や視野検査の他、精密検査も行います。キーポイントとなるのは、瞳孔から網膜にかけての眼球全体の状態を調べる「眼底検査」です。

 

硝子体と網膜が剥がれることが原因で飛蚊症が起きるため、目の、特に奥の状態を調べる検査は必須です。硝子体と網膜が引っ張り合っていると、網膜裂孔や網膜剥離で出血を引き起こすことに繋がるため、治療を行わなければいけません。最悪の場合、早急な手術が求められます。

 

生理的飛蚊症の症状だと診断を受けた場合。。心配の必要がない生理的飛蚊症であっても、視界に浮かぶ線や点は煩わしいものです。しかし生理的飛蚊症は、残念ながら現在のところ治療法がありません。症状を抑える療法を行っていくことで悪化を防げますが、気にしすぎないようにすることが一番です。ストレスが飛蚊症を悪化させるとも言われているのですよ。

 

 

市販の目薬やサプリメントで改善できる?

 

視界のなかに蚊のような虫のような、糸くずのようなものがふわふわ浮いているように見える現象、それは飛蚊症という目の疾患です。

 

飛蚊症の見え方には個人差があり、症状が軽い人は全く気にしないくらいですが、症状によってはストレスになるくらい気になってしまうものです。
飛蚊症はどうやって改善したら良いのか、知っている人は結構少ないのではないかなと思います。
そこで、今回は市販の目薬や飛蚊症 サプリで改善する方法をご紹介していきます。

 

■飛蚊症は硝子体が濁って起きます
目の組織には「硝子体」というものがあります。硝子体は眼球の中を満たしている、ゲル状の物質です。硝子体は無色透明なのですが、何かが起きて硝子体が一部濁ってしまうと視界に点や線となって映し出されます。これが飛蚊症です。

 

飛蚊症の改善は、つまりこの濁りを取り除くこと、濁りの原因を起こさないようにすることにあります。しかし、病気でもない限り、手術でもして濁りを取り除くことは困難です。

 

また、目薬の点眼や服薬では効果が硝子体内にまで届かないので、飛蚊症の直接的な治療法はないと言えます。しかし、症状を抑えたり、予防したりする方法はあります。

 

・目薬
近年、パソコンやスマートフォンの普及によって、長時間画面を眺めて目に疲労を溜めてしまう人が多くなっています。目に過度に負担をかけると、硝子体に老廃物が溜まり濁り出してしまいます。

 

パソコンやスマートフォンのしようの時、長時間、継続して作業をおこなわず、適度に休みを入れるようにしましょう。また、眼精疲労を癒す効能のある目薬を使用することで、疲労を蓄積させず、間接的に飛蚊症の改善になるでしょう。

 

・サプリメント
目は光を受けることで脳に景色の情報を届けますが、同時に空から紫外線を浴びます。
紫外線が眼球に入ると、硝子体の中で、組織を酸化させてしまう活性酸素を発生させます。

 

若いうちは体内に活性酸素を分解してくれる酵素、抗酸化物質であるルテインを十分持っているので、活性酸素は排除されます。しかし年を取ると酵素やルテインが減少するので、サプリメントから補給することで目の組織に役立てることが出来るでしょう。

 

すぐに眠たくなってしまうのは眼精疲労が原因かも?

 

ちゃんと睡眠をとっているのに仕事をしていると眠気に襲われてしまうということがありませんか?仕事をこなそうとしているのに、モチベーションを上げることができなくて困っている人もいるのでは?このような原因と言うのは何かというと、実は目なのだそうです。

 

モチベーションが上がらなかったり集中をすることができない、眠くてしかたがないのは、疲れ目によって引き起こされてしまっていることも多いのだそうです。このような疲れ目になっていて、眠気に襲われてしまっている場合、どのような対処をすれば良いのでしょうか?

 

眼精疲労という言葉を耳にしたことがある人も多いと思いますが、この眼精疲労と疲れ目というのは違っています。疲れ目と眼疲労というのは、呼び名が違っているだけで症状は軽度になっています。ですので、目を休ませることで症状を解消させることも可能です。

 

ちょっと目に疲れを感じるときには、目を休憩させてあげることで、症状が解消したり、寝れば治ったりします。ですが、この疲れ目を放置してしまっていると症状が更に重くなってしまって、慢性的に疲れ目の状態になります。そうなると、ちょっと目を休ませるくらいでは症状が解消されることは難しくなってしまいます。これが眼精疲労と言われるものなのです。

 

一度眼精疲労になってしまうと、改善をするのにかなり時間がかかってしまうことになります。ですから、眼精疲労になる前に疲れ目を解消させるようにしたいところです。眼精疲労になった場合、色々な弊害が生じてしまいやすくなってしまいます。

 

例えば、起きても目に痛みを感じたり吐き気の症状が出てしまうこともありますし、ちょっと目を使っただけでも強い目の痛みを感じることもあります。また、気持ちが憂鬱になってしまったり、首や肩が非常にこってしまったりすることだってあるのです。

 

ですので、眼精疲労になってしまうと、人によっては日常生活にも問題が出てしまうことだってあるのです。毎日のようにこのような状態が続いてしまうと気持ちも滅入ってしまいますし、仕事にも身が入らなくなってしまうことだってあるのです。

 

手のほうが顔より老化しやすいって本当?

 

顔は入念にエイジングケアをしていたけど、手はほとんどケアをしていなかったという人も少なからずいるのではないでしょうか?顔のスキンケアとして代表的なのは紫外線対策ではないでしょうか?紫外線を浴びてしまうとシミやそばかすなどの原因になってしまうと言われていますから、UVカットの化粧品などを使って対策をしているという人は多いと思います。

 

顔というのは、人から見れば一番目立つ部位になっているのですが、その次に人がチェックすることが多いのが手なのです。顔はいかに化粧をしていたとしても、手が老いてしまっていてはアンバランスになってしまいますよね。顔と比べると手というのは、老化をするのが10年早いと言われてます。

 

手にも真皮層と言われる部分があるのですが、この真皮層には弾性繊維やコラーゲンがたくさん存在しています。ですが、顔と同じように25歳前後になると、だんだん真皮層内のコラーゲンなどが減ってきます。

 

そして、コラーゲンなどが失われてしまうと、手もハリなどがなくなってしまいます。特に手というのは、真皮層が薄くなってしまっているので特に影響を受けやすくなっているのです。さらに保護バリアも失われてしまい、水分や皮脂も減ってしまいます。

 

気がついたら手に染みができてしまっていたり、弾力がなくなってきているのであれば、肌が老化していっているのかもしれません。普段からあまり手のお手入れをしているという人はあまりいないかもしれません。たまにハンドクリームを塗るようにしているという人はいると思いますが、顔のように化粧水などを使って保水をしているという人はあまりいないのではないでしょうか?

 

なんの対策もしてなかったら、水分も蒸発されやすくなりますし、紫外線をモロに浴びてしまうことになります。ですので、手もしっかり今のうちからケアをするようにしていかなくては、将来的に手が特に老化してしまうことになるかもしれません。

 

頭皮の乾燥と抜け毛について

 

頭皮が乾燥することで、抜け毛が促進されるという話をご存知でしょうか?寒くなると、手がカサカサしてきますね。同じように頭皮も乾燥してしまっているのです。ですが、頭皮にまで気を配っている人ってあまりいませんね。参考に⇒抜け毛サプリはこちら

 

顔が乾燥していると感じる時は、頭皮も乾燥しているということです。ハゲが酷くならないように、乾燥に気を配りましょう。今回は、ハゲが酷くなる原因をいくつかご紹介します。

 

「洗髪しすぎ」
清潔に使用と思うあまり、ついつい洗いすぎてはいませんか?頭皮が乾燥すると、カサカサになりフケが出てきます。肌があれることによって、かゆみも引き起こされます。

 

そのうちに、抜け毛が増えていくのです。フケやかゆみが出ると、たいていの人は「ちゃんと洗わなくては」と思って、一所懸命洗ってしまいます。すると肌はますます乾燥し、フケはひどくなる一方です。

 

「シャンプーのせい」
洗う力が強すぎるシャンプーは、抜け毛を酷くしてしまいます。汚れと一緒に、皮脂もたくさん取り除いてしまうためです。シャンプーに含まれている界面活性剤は、台所洗剤に含まれているものと同じです。頭皮を保護する成分が入ったシャンプーを使うことはとても重要なことです。

 

「ドライヤーの使い方」
髪の毛を乾かす時に、髪にくっつけるようにして高温で使用している場合は要注意です。確かに早く乾きますが、頭皮へのダメージがとても大きくなります。だからと言って、自然乾燥はいけません。臭いの原因になります。

 

更新履歴